日本における翻訳の将来の方向性

世の中にインターネットというサービスが当り前に浸透するようになってから、国を超えてありとあらゆる情報が自分の家に居ながらにして取得できるようになりました。
これによって、今まで目にする事の無い文字や言葉を見る機会も増え、更にその事によって知らない文字や言語を自国の言葉にする作業が翻訳家など専門的な人達の間では無く、一般の人達の間で一般的に行なわれるようになりました。



インターネットでは、WEB翻訳のサービスが多く存在し、どのサービスが良いのか悪いのか迷ってしまう程、検索するとたくさん出てきます。

言語と言うのは、見る又は読む、聞く、話す、書く、という作業を人間に与えます。

つまり、これらの作業をする時に他国の言葉を自国の言葉に直す翻訳が必要となるわけで、どこの国の人も生活を送る中で、寝ている時以外の殆どの時間でこれらの作業を行なっています。



インターネットを通じて、小さな地球になってきた現在において、起きている時間は翻訳と言う作業はいつも生活の一部として隣に存在する身近な習慣となりつつあります。まして携帯の普及により先述した家に居ながらにして、と言う点から家でも外でもインターネットを接続できる環境に変わっている日本社会では、幼少の頃から他国の文化に多く触れる事で様々な言語を翻訳してたくさんの情報を収集しています。



もしかすると今後、英語の授業が学校からは無くなり、代わりにたくさんの言語を速くたくさん訳せるかを勉強する授業が現れるかもしれません。